JPWiMAXは2018年にサービスを開始しましたが、早くも「顧客満足度No1」の評価を得ている人気WiMAXプロバイダーです。
全世界で2,000万スポットを有する世界最大のWi-Fiコミュニティ「FON」の日本法人「フォン・ジャパン株式会社」が運営しています。
世界最大のコミュニティが運営していることもあり、独自の料金プランやキャンペーンを展開している点がポイントです。

この記事では、JPWiMAXの端末情報や利用料金、気になるユーザー口コミ、キャンペーン情報など、様々な角度からその人気の秘密を探ります。
特に、人気獲得の大きな要素である「お得な独自キャンペーン」についてはしっかり押さえておきたいところです。

JPWiMAX
申し込む

JPWiMAXとは?


JPWiMAXは、独自の料金体系とオトク感が高いキャンペーンで人気を集めているプロバイダです。wimaxサービスにはよくある複雑な料金ではなく、業界最安級の料金かつシンプルな1つのプランのみを展開。料金は安いですが、通信回線は他社と同じWiMax回線なので高速インターネットが楽しめます。

WiMax回線について

WiMAX契約を検討の際に気になるのが「WiMAX2+」「au4GLTE」といった回線名が気になるところだと思います。

どこのプロバイダーも「高速回線で快適!」「業界初のギガ超え!」といったことを言っていますが、実はWiMAXはどこも同じ回線を利用しています。つまり、端末等の細かいスペックの差はあれど、元の回線自体は一緒なのです。
「ギガ放題とはいいながら、3日で制限がかかるのはなぜ?」
という疑問は、WiMAX回線の混雑を防ぐためともいえるでしょう。

回線が同じということがわかれば、WiMAXを検討する際に特に重要視すべきポイントは、料金や端末、キャンペーンや口コミといった情報になってきます。これらをじっくり比較検討することで、自分にピッタリのWiMAXと出会えるはずです。

こんな方はJPWiMAXがおすすめ!

回線の違いの解説でも触れましたが、WiMAX比較の際に特に重要なのは料金プランやキャンペーン情報です。JPWiMAXは、料金プランが1つとわかりやすく、キャッシュバックキャンペーンを頻繁に行っています。
「こういう通信系サービスは、料金プランが複雑でわからない。でも、料金も安くて、シンプルでわかりやすいなら、始めてみてもいいかな」
と思う方におすすめです。

さらに今なら、オトクなキャッシュバックキャンペーンも実施中です。サービス開始から日が浅く、急成長期の今だからできる内容と言えます。WiMAXを検討する上で、このキャンペーンは必見です。
キャンペーンを見る前に、インターネット環境を大きく左右する端末情報を見てみましょう。端末情報をきちんと把握することは、最適なWiMAXを利用するために大切です。それでは詳しく解説していきます。

モバイルルーターの端末一覧

モバイルルーターは、「W06」と「W05」2種類のラインナップがあります。両方ともHUAWEIから作られていて、2019年1月に発売した最新機種が「W06」、その約1年前の2018年1月に発売したのが「W05」です。

選び方のポイントとしては、
「通信速度が最優先!とにかく早いものがいい!」という方は最新型のW06を。
「よく外で使うからバッテリー持ちが少しでも長いほうがいい!」という方はW05を選ぶのがおすすめです。
「最新型だから」という軸に加えて、ご自身の利用シーンにあったものを選ぶことが、ベストだと言えます。
では詳細スペックを見ていきましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT W05
端末デザイン
通信速度(受信) USB接続時:最大867Mbps
WiFi接続時:最大1.2Gbps
最大758Mbps
通信速度(送信) 最大75Mbps 最大112.5Mbps
WiMAX2+
au4GLTE
メーカー HUAWEI HUAWEI
サイズ 約W128×H64×D11.9mm 約W111×H62×W13.3mm
カラー ・ブラック×ブルー
・ホワイト×シルバー
・ブラック×ライム
・ホワイト×シルバー
重量 約125g 約128g
発売日 2019年1月25日 2018年11月1日
SIM Nano Nano
Bluetooth × ×
最大接続台数 最大16台 最大10台
(USB:1台/Bluetooth機器:3台)
バッテリー使用時間(WiMAX2+) ハイパフォーマンス:約7時間10分
スマート:約9時間
バッテリーセーブ:約11時間40分
ハイパフォーマンス:約6時間30分
スマート:約9時間
バッテリーセーブ:約10時間30分
バッテリー使用時間(au4GLTE使用時) ハイパフォーマンス:約5時間
スマート:約6時間40分
バッテリーセーブ:約10時間
ハイパフォーマンス:約4時間20分
スマート:約6時間30分
バッテリーセーブ:約9時間10分
対応OS Windows7、Windows8.1、Windows10
Mac OS X
Windows7、Windows8.1、Windows10
Mac OS X

ホームルーターの端末一覧

ホームルーターはWi-Fiとは異なり、回線工事が不要で端末が届き次第インターネットを楽しめるという手軽な点で人気を得ています。JPWiMAXでは1モデルのみが選択可能です。持ち運びをしないという方は、より安定的なホームルーターを選ぶと良いでしょう。

Speed Wi-Fi HOME L02
端末デザイン
通信速度(受信) 最大1.0Gbps
通信速度(送信) 最大75Mbps
メーカー HUAWEI
サイズ 約H178×W93×D93mm
カラー ホワイト
重量 約436g
発売日 2019年1月25日
Bluetooth ×
最大接続台数 最大42台
対応OS Windows7、Windows8.1、Windows10
Mac OS X

JPWiMAXで提供している端末の詳細を調べました。基本情報を抑えたところで、気になるキャンペーン情報をみていきましょう。JPWiMAXはキャンペーンで人気を集めているので、必見です。

キャンペーン情報

JPWiMAXは現在、2つのキャンペーンを実施しています。
「3年間ずーっと割引キャンペーン」と「総額10,000円Amazonギフト券キャッシュバックキャンペーン」の2つです。ここでは定番の「3年間ずーっと割引キャンペーン」を紹介します。期間限定の「総額10,000円Amazonギフト券キャッシュバックキャンペーン」は後ほどご説明します。

「3年間ずーっと割引キャンペーン」は、2018年4月から続く定番キャンペーンです。JPWiMAXを一躍人気プロバイダに押し上げたキャンペーンと言って良いでしょう。一言でいうと、「条件なしで月額料金が割引になる」というものです。オプション加入や適用条件が一般的なWiMAXプロバイダの中で、この点が大きく他と異なります。
「使いやすく、割引率も大きい」
JPWiMAXはお得にインターネットを利用したい方は、候補に入れるべきプロバイダの一つと言って良いでしょう。

利用料金

JPWiMAXは、シンプルな料金体系をとっています。他プロバイダでは、「制限なしのギガ放題」「制限つきの格安プラン」の2種類が用意されていることが一般的ですが、JPWiMAXは「制限なしのギガ放題」プランのみです。PC回線やスマホなどの契約でも頭を悩ませる、複雑な料金プランがないというのは大きなメリットではないでしょうか。

(ギガ放題)プラン
利用料金 1~3ヶ月目 :月額2800円
4~24ヶ月目:月額3500円
そ れ 以 降:月額4100円
【参考】3年間の利用料金 131,100円
※キャッシュバックで5ヶ月分が実質無料(-15,400円)
端末料金 0円
※24ヶ月以内はレンタル契約で端末返却の必要あり。それ以降は返却不要。端末違約金が契約月残数×1,600円が発生。
初期費用 0円
契約期間 3年
支払い方法 クレジットカード
メリット ・月当たりの通信制限なし
・3日で10GBを超えても、1Mbpsで利用可能
デメリット ・ハイスピードプラスエリアを適用すると、月7GBに制限
※一度変更すると、制限は解除されません。

1点だけ気をつけるべき点は、「ハイスピードプラスエリアモード」についてです。他の会社でも同様ですが、料金プランが少なくメリットがたくさんある中、よく取り上げられるこの「ハイスピードプラスエリアモード」について抑えておきましょう。

ハイスピードプラスエリアモード従来の「WiMAX2+」という通信方式だけでなく、さらに「au 4G LTE」の通信方式も併用できるようにしたものです。「au 4G LTE」がauの通信量を共有しているため、使用には制限がかかります。
大きな違いとしては、その通信エリアが広くなります。「WiMAX2+」でも幅広いエリアをカバーしていますが、所々対応外の箇所があります。特に室内で利用する際に差が出やすいです。接続モードをハイスピードプラスエリアに変更した場合、該当月は7GB/月の制限がかかります。
1度変更した場合、ハイスピードモードに戻してもその月は制限が解除されませんので、ご注意くださいませ。
(全てのWiMAXサービス会社で同じ制限がかかります。)

通常のWiMAX2+の通信エリアは以下の通りです。

一方、「ハイスピードプラスエリア」にすると、さらに対応エリアが大きく広がります。室内での利用も快適にできるようになります。

室内で利用することが多い方や、上記エリアの対応外の方は利用することを推奨します。実際の利用状況に合わせて活用しましょう。
続けて、JPWiMAXを利用されているユーザーからの声をご紹介します。

利用者の口コミ

実際にJPWiMAXを使っている人はどう思っているのか、Twitterで口コミを調べてみました。

 

 

JPWiMAXは急拡大しているため、多くの口コミがみられ、メリット・デメリットが両方見受けられました。検討の際には参考になりますね。
まとめると以下になります。

好印象の口コミ・キャッシュバックは即日受け取り可能
・利用料金が業界でも最安級
・オプションなしでもキャンペーン適用がある
悪印象の口コミ・端末発送が遅いことがある
・代替プランだと色違いが送られてくることがある

デメリットにある色違いというのは、代替プランで早めに使ってもらいたいというサポートの運用によるものと考えられますね。もちろん色違いのものは返却が可能なので、もし色違いがあった場合はサポートに連絡しましょう。(最近は減っているとの情報もあります。)
メリットを確認すると、やはりキャッシュバックキャンペーンが注目されていますね。一方で、人気が出すぎて品薄状況が発生しているなどの声もみられました。他のWiMAXでも注目を集める「解約」についての声も多数みられました。解約について、続けて解説していきます。

解約について


インターネット系サービスにはよくありますが、
「契約月を外すと解約違約金がかかる」
「解約手順が複雑でわかりにくい」

といった声が多く聞かれます。WiMAXも同様で、解約がわかりにくいという口コミがありました。解約は、サービス利用の際には知っておくべき事柄の一つです。しっかり抑えておきましょう。

解約方法は?

JPWiMAXの解約手順は、以下になります。

1. お問い合わせフォームから運営に解約の旨を連絡
2. 24ヶ月以内の場合は端末の返却
3. 解約金の請求手続き

最初に運営に連絡しないといけませんが、サポートセンターが混雑しており、なかなか連絡が取れないとの情報もあります。問い合わせフォームから3日経っても連絡がない場合は、電話連絡をすることがオススメです。

【JPWiMAX問い合わせ窓口】電話: 0120-545-618
受付時間:12:00 ~ 19:00(月~金 / 年末年始は除く)

急速に契約者を増やしているJPWiMAXなので、対応サポートの構築途上なのかもしれませんね。一部情報によると、JPWiMAXもこの事態を把握しており、サポートセンターの充実を急いでいるようです。

解約違約金について

公式サイトを確認すると、解約違約金は次のようになります。

JPWiMAXは、契約期間が短いほど解約金が高い料金体系です。更新月以外は、解約金がかかってしまいます。契約は計画的に進めることが大切です。また、契約した際は、自分の更新期間が何ヶ月か把握しておきましょう。契約期間は、契約時の書類・メールまたはお問い合わせフォーム、電話から確認可能です。

負担0にする方法

更新月以外の解約も場合によっては必要になるかもしれません。そうなった場合に抑えておきたいのが、「初期契約解除制度」です。

初期契約解除制度一般的なクーリングオフに似たような制度です。
「WiMAXに限らず、インターネット回線業者と回線契約をしたものの、購入者意思により規定期間内であれば、契約を解除できるようになった制度」です。
参照:総務省電気通信サービスの消費者保護ルールの見直し


「使ってみて思っていた使用感と違った」などの場合、端末が届いて8日以内なら解約違約金がかからず解約が可能です。ただ、事務手数料(3,240円)はかかるので注意が必要です。この方法以外では、解約金が発生してしまうため、現在の契約期間がどのくらいなのかを把握しておくことが大切ですね。

JPWiMAX
申し込む

期間限定キャンペーン

JPWiMAXの2つのお得なキャンペーンのうちの1つ、「総額10,000円Amazonギフト券キャッシュバックキャンペーン」です。このキャンペーンは、2019年7月限定の期間限定となっています。シンプルにキャッシュバックが受けられることで好評のキャンペーン。早速詳細を見ていきましょう。

Amazonギフト券10,000円キャッシュバック!


「総額10,000円Amazonギフト券キャッシュバックキャンペーン」では、その名の通りAmazonギフト券10,000円が受け取れるサービスです。業界最安級の月額料金に加え、10,000円のキャッシュバックが受けられるので、とてもお得感満載のキャンペーンとなっております。

受け取り方法

本キャンペーンの特徴は、その金額の大きさだけでなく、受け取り方法にもあります。通常、キャッシュバックの受け取りには複雑な手順が必要で、受け取り忘れも多発することが多いです。しかし、このJPWiMAXのこのキャンペーンでは、簡単な手順でしっかり受け取りが可能です。公式サイトの手順を確認すると、以下のようになります。

端末が手元に届くと、契約IDが同封されているので、この契約IDを申し込み時の申請URLに入力します。すると、その場ですぐにAmazonギフト券10,000円分が即時発行されます。簡単ですね。
申し込み時に申請URLが記載されたメールが届くので、忘れずに保管しておきましょう。

まとめ

2018年にスタートしたJPWiMAXをご紹介しました。サービス開始から1年と短い期間ですが、独自のキャンペーンを武器に急速に契約者数を増やしている状況です。シンプルな料金プランも人気の秘密ではないでしょうか。
WiMAXをお得に利用したいのであれば、JPWiMAXは主力候補に入ってくるでしょう。
キャッシュバックキャンペーンは、現時点では2019年7月限定となっているので、こまめにチェックし、キャッシュバックの受け取り漏れには気をつけたいところです。

デジタル総合情報ポータルサイト「アンテナMAX」では、引き続きJPWiMAXのお得なキャンペーンに関する最新情報をお届けして参ります。

JPWiMAX
申し込む