ポケットWi-Fiを新規または乗り換えを検討されている方ならよりお得で快適な環境でインターネットを使いたいと思っている方が多いでしょう。そして周りからWiMAXが良いと聞いてはいたもののまだ詳しくわからないので色々検索をされている方のために作成しました。
WiMAXに対する具体的な説明、ユーザーから高い評価を得ている理由、さらにWiMAXだけの特徴についてもお伝えします。

WiMAXとは?


正式には携帯電話の3G,4GやLTE等と同じく移動体通信方式の一種がWiMAXです。
日本ではKDDIグループのUQコミュニケーションズがサービスを提供していて、WiMAXは通信方式より一つのサービス名として知られていることが多いです。
そのため大勢のユーザーが携帯電話通信やLTEと比較される場合が多いですがWiMAXは通話ができない完全なインターネット専用サービスだという事を知っておく必要があります。
では、WiMAXに繋げたら電話は使えないのかと疑問に思う方もいるかと思いますが、それは安心してください!アプリ電話はインターネット回線を使って利用する電話なのでWiMAXに繋げても問題なく電話をすることは可能です。

POINT!しかし電話自体を使うためにアプリ内での認証が必要な場合がありますが、その認証をするためには通話が可能なSIMカードが必要となることを忘れないでください。

WiMAXは一時期速度が遅い、よくインターネットが切れるという問題が発生していた時期があり昔からポケットWi-Fiを使うユーザーからはあまりよくない印象があります。
しかしWiMAX2+の登場により、現在WiMAXは大ブーム!そして速度制限の上限アップにより他社のポケットWi-Fiを使っていたたくさんのユーザーもWiMAXに戻ってきている状況です。

実際WiMAXを使っているユーザーからの評判


今、WiMAXがどのぐらい人気があるのかSNSを使ってその評判を調べてみることにします。

これ以上にツイッターにはたくさんのユーザーからWiMAXは好評で一度契約したら3年以上使うのは普通だそうです。
※もちろんインターネットなので使用される環境によっては遅いという評判もあります。
そしてインターネットを使うにあたり最も重要な「速度と安定性」このすべてを合わせて人気のあるWiMAXに興味をもって調べている方々からある日このような質問を受けたことがあります。

WiMAXを申し込みたくて調べたらいろんな会社が提供しているのを見ました!
みんな違うWiMAXですか?

国内どこで契約してもWiMAXスペックは同じ?


結論から言うと「すべて同じWiMAX」です。
日本国内でWiMAX回線を提供している会社はKDDIグループのUQコミュニケーションズのみになっていまして、その回線やルーターを購入してユーザーに販売しているのがプロバイダーと呼ばれる業者のことです。
全く同じWiMAXにも関わらずサービス名が少し違ったりするのはその理由だと理解してもらえたら問題ないと思います。
なお、公式サイト(UQ WiMAX)と各種プロバイダーは競争のためにそれぞれ顧客に対し違うサービスを提供しているので、ユーザーから見ると選択することが少し難しくなっているのが事実です。
そのために今から簡単にWiMAXの契約方法と公式サイトとプロバイダーの特徴について全体的に説明します。

WiMAX契約方法


WiMAXは普通の携帯と同じく実店舗に行って契約する方法とインターネットで契約する方法二つがあります。
実店舗でいうとヨドバシカメラやビックカメラなど大型家電量販店へ行くとすぐ見つけることができますしインターネットだとWiMAXで検索すると公式サイトやたくさんのプロバイダー(代理店)を見つけることができます。
契約する際には身分証明書やクレジットカードなどをもっていけば申し込みが可能ですが、インターネットで申し込みした方がいろいろ特典が付くので、少しでもお得な契約をしたい方ならインターネットでの申し込みをおすすめします。
そしてインターネットで申し込みをする際に公式サイトとプロバイダーサイトがあると伝えましたが、何が違うのか気になる部分かと思うので今から説明します。

公式サイトとプロバイダーの違い


まず、公式サイトでの申し込みは月額料金が高いのが大きなデメリットですが、公式サイトなので何かあったときに確実に解決できるという安心感がありますね。
それに比べて代理店であるプロバイダーは競争で勝つために月額利用料金が安かったりキャッシュバックをもらえたり特典がありますが、サービスに気付きにくい罠があったりするので細かくチェックしてから契約する必要があるのがデメリットだと挙げられます。

サイト別デメリット比較
公式サイト プロバイダーサイト
利用料金が高い 業者によってはサービスに差がある
キャンペーンが少ない お得な情報がわかりにくい
あまりお得ではない キャッシュバックはもらいにくい

プロバイダーでWiMAX契約し知っておきたい事


上記で伝えた通りプロバイダーから契約をすると罠がある場合がありますが、よく理解をしてから契約をする事によりかなり得しながらWiMAXを利用することが可能です。
そのために実際プロバイダーでWiMAXを契約する際にどの部分をチェックする必要があるか説明します。

キャッシュバックは申し込み期間が大事!

WiMAXだけではなくほかのサービスでもキャッシュバックで顧客に興味を持たせるような施策はもうある意味で普通に感じるぐらいです。
しかし実際キャッシュバックを回収するためには一定の期間を使用しないと回収できないことが多いのでしっかり確認する必要があります。
例えば契約してから6ヶ月が過ぎてからキャッシュバック申し込みが可能と書いてある場合はもし本人が普段忙しくてカレンダーを見る時間もあまりない場合は、回収できる可能性はほぼありません。なのでその時は月額料金が安くなるプロバイダーを選んだほうがお得です。

圧倒的に月額が安いのはしっかり計算してから決める!

通常4300円の月額料金が2800円!と書いてあってついに申し込んでしまった経験ありませんか?
しかし契約後確認したら3か月だけ・・・
WiMAXの場合基本すべての契約が3年間となっています。そのため前の期間を安くしてその次から月額料金を上げるプロバイダーも少なくないので気を付ける必要がありますので必ず3年間支払う実質料金を計算してから契約される事がおすすめです。

顧客の評判は無視できない!

今はSNSを使ってないユーザーがいないぐらいとても活発に個人の意見をつぶやく方が多いです。
もちろん悪意を持った意見はあまりおすすめできないですが、実際使用された方からの本当の声だったらサービスを選ぶのに参考にされてもよいでしょう。
もちろんWiMAXも同じです。短期間使用するようなサービスではないので、使用レビューをいくつか見てから契約する姿勢が大事です。

WiMAXのメリットまとめ

ここまでWiMAXについて説明しました。
WiMAXの回線はWiMAX2+に代わってから速度はもちろん速度制限もほかのポケットWiMAXと比べられないぐらいユーザーから高く評価されています。
場所によってはモード変更によりもっと早い速度でインターネットを使用することが可能なWiMAXはこれからも期待せざるを得ないです。

  • インターネット速度が速い
  • ポケットWiMAXなのに速度に安定感がある
  • プロバイダーによってはお得にサービスを利用することができる
  • ルーターの中に既存の速度より早くできるモードがある