今は日常生活でなくてはならない存在と言ってもおかしくないくらい重要な役割をしているスマホ。通話目的だけで使う訳ではないからつい高いスマホを買ってしまう方はいませんか?
実は、SIMフリースマホの中には既存の有名なメーカースマホと比べて性能も負けないのに値段が安いデバイスが多数あります。
ここでは、通信料金を減らすためによく使われるSINフリースマホの中には国内で最も人気のあるメーカーのデバイスだけを集めてランキング付けをしてみました。さらに大手キャリアより通信料金が安くなる格安SIMの案内もしているので、最後まで目次を参考にゆっくり見てみてください。

目次

SIMフリースマホについて


年間契約縛り、高額のスマホにより毎月高額の通信費で1万円を普通に超える暮らしに苦しむユーザーのために誕生したのがSIMフリースマホです。今は、多くて通信キャリアが年間契約縛りを解除するようになっていく流れではありますが、スマホの値段が下がらないのと高額通信費はあまり変わらないままであります。
そのため今回の記事ではSIMフリースマホについて理解して頂いた上で自分にピッタリのスマホを選んで頂き、月額費用が非常に安くなる格安SIMまで検討できるような情報をお届けします。

大手通信キャリアで販売するスマホとSIMフリースマホの違い

基本的に大手キャリアで販売しているスマホは、すべてそのキャリアでしか使えないようにしていて、他通信キャリアに移動するときはいくつかの手続きと操作をしなければなりません。その結果、機械に詳しくない方々は、料金が高くても仕方なく既存のキャリアのまま使用されることが多いです。それに比べSIMフリースマホというのは、どのキャリアでも契約することができて、通信料金も非常に安い格安SIMを契約することができるスマホの事を言います。
しかしSIMフリースマホだからと言ってすべてが日本で使えるわけではありません。ここから少しSIMフリースマホについて具体的に説明していきます。

SIMフリースマホを選ぶ際の注意点

1.SIMフリースマホの周波数についてです。
国内でSIMフリースマホを使用するためには、格安SIMを含めた通信キャリアの周波数と一致する必要があります。実際WEBで海外から輸入して国内の格安SIMを契約しようとしたとき、周波数が合わなくて使えなくなった人も少なくはないみたいです。何故こういうことが起きるかというと国内より海外の方が安く販売されることが多いからです、少しお得で買ったと思ったら結局使えなくなるバターンですね。
でも日本で販売されているSIMフリースマホならほとんど国内通信キャリアの周波数に対応しているので、大丈夫ですが念のために一応購入を決める前に契約をしたい格安SIMの通信周波数を確認はした方がいいと思います。

2.技適マーク問題です。

技適マークとは?
技術基準適合証明と技術基準適合認定のいずれかあるいは両者の認証がなされていることを表示するマークで、総務省令に定められたものである。
引用:Wikipedia

この技適マークのない携帯を国内で使用した場合の問題は、間違った使い方をした場合、消費者がその責任を負うことになる部分です。実際日本で通信機器を販売するためには、この技適マークを取得する必要がありますが、かなり高額の費用が必要なため、WEBで販売されている海外のSIMフリースマホには技適マークがない場合があります。もし少しでも不安に思われるのであれば、購入の前に事前に確認をすることをおすすめします。

3.AS対応ができるのか確認
スマホをすでに利用される方は、体験したことあると思いますが、使用中に壊れたらどこで安く直せるのか必死に調べたりしますよね?でもそもそも海外でしか直せないとなったら海外送料から外国語での壁まで心折れる壁が待ち構えているのが現実です。そのためにももし海外に友人や出張をよくされる方は別ですが、外国語が喋れない方なら国内でAS対応ができるSIMフリースマホを選ぶことが大事です。

上記の内容をすべて理解上でSIMフリースマホを決めて頂いたらまず大きな問題はないと思いますが、念のために実際使っている経験談を参考にしたらもっと失敗しないお買い物になるでしょう。

ここからは、日本人が最も好きな格安SIMが使えるSIMフリースマホをモデル別SNSの口コミを踏まえてまとめて紹介していきます。

日本で最も人気のあるSIMフリースマホのランキング20選


国内でSIMフリースマホの販売実績を公開している様々なメディアの情報を集めて統計を出し、デバイスの【強み】を含めてランキングをまとめました。実際購入者からの口コミを参考にし自分に合うSIMフリースマホを決めることをお勧めします。

【高機能カメラ】トリプルカメラ搭載で操作性の高いHUAWEI P30 lite 64GB


ノッチについては前機種であるP20 liteと比較してコンパクトであり、トリプルカメラ搭載であることが最大の特徴だといえます。約2400万画素と約800万画素、約200万画素の3つのカメラが搭載されている6.15型フルHDスマートフォンです。スマートフォンを使い、風景や子供、ペットの写真を手軽に綺麗に撮影したい人に適しています。HUAWEI P30 lite 64GBそのものの機能性の高さはもちろん、P10 liteからP20 liteへのスペック向上は小さかったことから、P30 liteでは様々なスペックアップを果たしたことも注目されています。容量は64GBに向上したためアプリを活用している人、これまでのスマートフォンの容量では十分にアプリをインストールできなかった人にもおすすめです。

HUAWEI P30 liteのデバイススペック情報

HUAWEI P30 lite 64GB基本スペック
メーカー HUAWEI
製造会社 Huawei Technologies
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ ROM 64GB RAM 4GB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 6.15 インチ
背面カメラ画素数 約2400万画素
約800万画素
約200万画素
撮影機能 スローモーション撮影、撮影用フラッシュ、複数レンズ
幅x高さx厚み 72.7×152.9×7.4 mm
販売時期 2019年春モデル
バッテリー容量 3340 mAh
外部メモリ最大容量 512 GB
画面解像度 2312×1080
カラーバリエーション ピーコックブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック
重量 159 g
ネットワーク機能 テザリング対応、LTE対応
SIMカード デュアルSIM、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからHUAWEI P30 liteユーザーの口コミ

HUAWEI P30 lite 64GBのメリットに関する口コミ

HUAWEI P30 lite 64GBのデメリットに関する口コミ

【高機能カメラ】普段使いに最適なGoogle Pixel 3a 64GB


「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」については、2018年に発表された「Pixel 3/3 XL」と同等の価格帯として注目を集めた機種です。Pixel 3aは画面が5.6インチ(2220×1080)有機ELパネルであり、Pixel 3/3 XLと比較すると、本体の側面がガラス製ではなくポリカーボネートでできており、製造コストが抑えられています。高画質のアプリゲームを楽しみたい場合には十分な満足度が得られない可能性がありますが、通常のアプリやメール、通話程度の使用方法であれば全く問題はありません。
メインカメラは1220万画素、暗い場所でも撮影できる夜景モードと手ブレせずに撮影できる機能、シャッターを押した前後のキャプチャーから好きな写真を選べるなど、カメラ機能が充実しています。そのため、写真撮影を楽しみたい人、デジタルカメラは持ち歩かずスマートフォンのみで撮影したいと考えている人におすすめです。

Google Pixel 3aのデバイススペック情報

Google Pixel 3a 64GB基本スペック
メーカー Google
製造会社 Foxconn Technology Group
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ 70.1×151.3×8.2 mm
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 5.6 インチ
背面カメラ画素数 12.2 メガピクセル (デュアル ピクセル)
撮影機能 スローモーション撮影、撮影用フラッシュ、4K撮影対応
幅x高さx厚み 72.7×152.9×7.4 mm
販売時期 2019年春モデル
バッテリー容量 3000 mAh
外部メモリ最大容量 512 GB
画面解像度 2220×1080
前面カメラ画素数 8メガピクセル
センサー 加速度計/ジャイロメーター/磁力計/周囲光センサー/近接センサー/気圧計/Active Edge/センサーハブ/接触センサー
カラーバリエーション ジャストブラック、クリアリィーホワイト、パープルイッシュ
重量 147 g
ネットワーク機能 テザリング対応、LTE対応、NFC対応
認証機能 指紋認証
SIMカード デュアルSIM、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからGoogle Pixel 3aユーザーの口コミ

Google Pixel 3a 64GBのメリットに関する口コミ

Google Pixel 3a 64GBのデメリットに関する口コミ
https://twitter.com/zalgo_sogo/status/1192646399881445376

【高スペック】前機種と比較して機能性が向上iPhone 11 64GB 128GB 256GB


iPhone 11は、液晶ディスプレイが6.1インチと、iPhone XRの後に発売された機種です。特に、カメラがシングルからデュアルカメラへ変更されたことが最大の特徴だといえます。さらに、iPhone 11はA13 Bionicプロセッサが搭載されたことで処理性能があがり、インカメラで4K60P動画を撮影できるほか、耐水性、Dolby Atomsのステレオ再生を行えるといった機能性の高さが魅力でしょう。スマートフォンで動画視聴を楽しみたい人におすすめです。
iPhone 11のカメラについてはデザインが個性的ですが、シンプルなデザインであったiPhone XRと比較するとおしゃれなデザインになったことで、デザイン性にこだわりたいという人にもおすすめできる機種だといえます。

iPhone 11のデバイススペック情報

iPhone 11基本スペック
メーカー Apple
製造会社 Foxconn Technology Group
内蔵メモリ 64GB/128GB/256GB
外部メモリタイプ USBメモリタイプ、ネットワークHDDタイプ
キャリア SIMフリー
ストレージ容量 64GB/128GB/256GB
画面サイズ 6.1インチ
背面カメラ画素数 12MP超広角カメラ
12MP広角カメラ
撮影機能 手ブレ補正、4K撮影対応、スローモーション撮影、撮影用フラッシュ、複数レンズ
幅x高さx厚み 150.9 x 75.5 x 8.3mm
販売時期 2019年秋モデル
画面解像度 1,792 x 828
前面カメラ画素数 12MP
カラーバリエーション PRODUCT RED、イエロー、ホワイト、ブラック、グリーン、パープル
認証機能 顔認証・Face ID
重量 194g
ネットワーク機能 ギガビット級LTE(30バンド)
SIMカード デュアルSIM(eSIM)
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからiPhone 11ユーザーの口コミ

iPhone 11のメリットに関する口コミ

iPhone 11のデメリットに関する口コミ
https://twitter.com/6b1rGI11kMWai7S/status/1192706857762115585

【高スペック】日本専用モデルで機能性や使い勝手抜群のOPPO Reno A 64GB 128GB


基本的な機能性は、ストレージ容量を除いて128GBからの変更はありません。ポイントは日本専用モデルであることで、IP67等級の防水、防塵、IP6X等級の防水機能が搭載されており、アウトドアでスマートフォンを使用する機会が多い人におすすめです。
メインカメラは1600万画素と、およそ200万画素を合わせたデュアルカメラで、背景のぼかしや10倍までデジタルズーム機能が搭載されています。フロントカメラはおよそ2,400万画素、エフェクト効果をコントロールできる機能があり、景色の撮影や、キャンプといった屋外でのイベントで綺麗な写真を残したい人にもおすすめです。

OPPO Reno Aのデバイススペック情報

OPPO Reno A基本スペック
メーカー OPPO
製造会社 オッポジャパン株式会社
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ ROM 64GB RAM 6GB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 6.4 インチ
背面カメラ画素数 1600万画素
200万画素
撮影機能 複数レンズ、撮影用フラッシュ、4K撮影対応
幅x高さx厚み 75.4×158.4×7.8 mm
販売時期 2019年秋モデル
バッテリー容量 3600 mAh
外部メモリ最大容量 256 GB
画面解像度 2340×1080
前面カメラ画素数 2500万画素
センサー 加速度センサー/ジャイロセンサー/磁気センサー/光センサー/近接センサー
カラーバリエーション ブルー、ブラック
重量 169.5 g
ネットワーク機能 LTE対応、NFC対応
認証機能 指紋/顔認証
SIMカード デュアルSIM、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからOPPO Reno Aユーザーの口コミ

OPPO Reno Aのメリットに関する口コミ
https://twitter.com/delax_keychan/status/1184789857530347520

【低価格スマホ】機能性と価格のバランスが良いXperia 8 64GB


Xperiaシリーズの「Xperia 8」はミドルレンジモデルであり、最大の特徴はコストパフォーマンスの良さです。アスペクト比21:9の約6.0インチディスプレイを搭載しており、動画は帯がなく大画面で鑑賞できます。スマートフォンで動画配信サイトの映画を鑑賞する人におすすめです。さらに、マルチウィンドウでいくつものアプリを同時に閲覧できるため作業効率が上がり、ビジネスシーンでスマートフォンを活用したい人にもおすすめです。

Xperia 8のデバイススペック情報

Xperia 8基本スペック
メーカー SONY
製造会社 ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ 64GB、最大512GBまで
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 6.0インチ, IPSディスプレイ
背面カメラ画素数 約1200万画素
約800万画素
撮影機能 複数レンズ、撮影用フラッシュ、4K撮影対応、スローモーション撮影
幅x高さx厚み 158 x 69 x 8.1mm
販売時期 2019年秋冬モデル
バッテリー容量 3600 mAh
外部メモリ最大容量 512 GB
画面解像度 1080 x 2520px (フルHD+), アスペクト比21:9
前面カメラ画素数 約800万画素
センサー 加速度センサー、近接センサ、ジャイロ、コンパス
重量 170g
カラーバリエーション ブラック、ホワイト、オレンジ、ブルー
ネットワーク機能 3Gバンド:HSDPA 900 / 1700(AWS) / 2100
4Gバンド:LTE band 1(2100), 3(1800), 4(1700/2100), 8(900), 12(700), 17(700), 38(2600), 41(2500)
認証機能 指紋認証
SIMカード デュアルSIM、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからXperia 8ユーザーの口コミ

Xperia 8のメリットに関する口コミ

Xperia 8のデメリットに関する口コミ

【小さいスマホ】本体が小さくなり持ちやすさが向上したAQUOS sense2 32GB


AQUOS sense 2は、およそ5.5インチのIGZO液晶を搭載しており、前回発売されたシリーズと比べると若干大きくなったものの横幅が約1mm、厚さが0.1mm小さくなりました。
これまでのスマートフォンでは、コンテンツを閲覧するためにスクロールする回数が多く不便さを感じていた人もいるでしょう。しかし、AQUOS sense 2は表示画面の広さが特徴で、縦に長いウェブページが見やすいため、インスタグラムやツイッターといったSNSを閲覧する頻度が高い人におすすめです。アプリ起動時の速度は平均的であり、高画質の3Dゲームには不向きですが、通常使用であればストレスなく快適に使用できるでしょう。

AQUOS sense2のデバイススペック情報

AQUOS sense2基本スペック
メーカー SHARP
製造会社 シャープ株式会社
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ ROM 32GB RAM 3GB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 5.5 インチ
背面カメラ画素数 約1200万画素
撮影機能 撮影用フラッシュ
幅x高さx厚み 71x148x9.4 mm
販売時期 2018年冬モデル
バッテリー容量 2700 mAh
外部メモリ最大容量 512 GB
画面解像度 2160×1080
前面カメラ画素数 約800万画素
センサー モーションセンサー/地磁気センサー/明るさセンサー/近接センサー
重量 155g
カラーバリエーション ホワイトシルバー、ニュアンスブラック、アッシュイエロー、アーバンブルー、カーディナルレッド、フレンチピンク、ターコイズグリーン
ネットワーク機能 テザリング対応、NFC対応、LTE対応
認証機能 指紋/顔認証
SIMカード デュアルSIM、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからAQUOS sense2ユーザーの口コミ

AQUOS sense2のメリットに関する口コミ

AQUOS sense2のデメリットに関する口コミ
https://twitter.com/sung_mt/status/1190237142418513921
https://twitter.com/sung_mt/status/1190240562286215168

【小さいスマホ】大画面でも小型で操作しやすいZenFone 6 128GB 256GB


本体の容量については128GBと256GBから選択可能ですが、多くのアプリやデータ、ファイルを本体に保存したい場合にはROMが高い方を選択する方法がおすすめです。
また、ZenFone 6は画面の92%を利用するフレームレスタイプであり、ディスプレイサイズは6.4インチと大画面ですが本体は小型であることがポイントだといえます。手が小さい女性でも持ちやすく、かつ大画面で快適に使用できるでしょう。大きな画面のスマートフォンが欲しいと考えていても、本体が大きく操作しにくいのではと懸念していた人におすすめできる機種です。
カメラはデュアルカメラで、4,800万画素のメインカメラと1,300万画素の広角カメラによって通常のスマートフォンでは撮影できない細部までしっかり撮影できることも魅力の1つでしょう。

ZenFone 6のデバイススペック情報

ZenFone 6基本スペック
ZenFone 6 RAM6GB/ROM128GBモデル RAM8GB/ROM256GBモデル
メーカー ASUS
製造会社 ASUSTeK Computer Inc.
画面サイズ 6.4インチ
内蔵メモリ RAM6GB、ROM128GB RAM8GB、ROM256GB
バッテリー容量 5,000mAh
背面カメラ画素数 フリップカメラ
4,800万画素(メイン)
1,300万画素(超広角)
生体認証 顔認証/指紋認証
キャリア SIMフリー
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
撮影機能 4K撮影対応、スローモーション撮影、撮影用フラッシュ、複数レンズ
幅x高さx厚み 75.4×159.1×9.1 mm
販売時期 2019年夏モデル
バッテリー容量 5000 mAh
外部メモリ最大容量 2000 GB
画面解像度 2340×1080
前面カメラ画素数 4,800万画素
センサー 加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、磁気センサー/光センサー/近接センサー
カラーバリエーション トワイライトシルバー、ミッドナイトブラック
重量 190 g
認証機能 指紋/顔認証
ネットワーク機能 テザリング対応、NFC対応、LTE対応
SIMカード デュアルSIM、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからZenFone 6ユーザーの口コミ

ZenFone 6のメリットに関する口コミ


https://twitter.com/shouji_raiya/status/1191887380812156928

ZenFone 6のデメリットに関する口コミ

【低価格スマホ】価格重視でスマホを買い替えたい人におすすめGalaxy A30 64GB


韓国最大の総合家電メーカーであるサムスンから発売されたGalaxyのAシリーズは、Galaxyシリーズとしてはミドルレンジモデルであり、2019年2月25日にA30とA50が発表されました。最大の特徴は一括6万円未満で購入できることであり、コストパフォーマンスを重視したい人におすすめです。一般的なアプリの使用や、カメラ機能もスペックが低下したといったことはないため、ライトユーザーに最適だといえるでしょう。

Galaxy A30のデバイススペック情報

Galaxy A30基本スペック
メーカー Samsung
製造会社 Samsung Electronics Co., Ltd.
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ ROM 64GB RAM 4GB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 6.4インチ(有機EL)
パンチホールディスプレイ
2340×1080HD+
背面カメラ画素数 約1300万画素
約500万画素
撮影機能 撮影用フラッシュ、複数レンズ
幅x高さx厚み 158.5×74.5×7.7mm
販売時期 2019年夏モデル
バッテリー容量 4000mAh(auモデルは3900mAh)
外部メモリ最大容量 512 GB
画面解像度 2340×1080
前面カメラ画素数 約800万画素
センサー モーションセンサー/照度センサー/近接センサー
重量 165g(auモデルは176g)
カラーバリエーション ブラック、ホワイト(auのみ)、ブルー、レッド(au・UQモバイルのみ)
ネットワーク機能 テザリング対応、NFC対応、LTE対応
認証機能 指紋/顔認証
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからGalaxy A30ユーザーの口コミ

Galaxy A30のメリットに関する口コミ

Galaxy A30のデメリットに関する口コミ


https://twitter.com/hinahayase/status/1188324109672804358

【高スペック】画面は大きくても軽くて使いやすいmoto g7 plus 64G


ボディの質感は光沢加工が施されているため非常に見た目が美しく、ディスプレイのサイズが大きいので見やすいことが魅力です。大きな画面で動画や写真を閲覧したい人におすすめであり、充電も高速で行えるため使い勝手も良いでしょう。画面は非常に大きいですが、画面の大きさ対して軽量だといえます。また、明るい場所で写真を撮影すると非常に綺麗に撮影できるほか、カメラのシャッター音を切れるため周囲の視線を気にせず撮影することが可能です。飲食店やイベントなどシャッター音を出したくない場所での撮影や、子供やペットの写真を撮影したい人にもおすすめです。

moto g7 plusのデバイススペック情報

moto g7 plus基本スペック
メーカー motorola
製造会社 Motorola, Inc.,
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ ROM64GB、RAM4GB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 6.24インチ (フルHD+, 403ppi) IPS液晶
背面カメラ画素数 1,600万画素+500万画素
デュアルカメラ 光学式手振れ補正
撮影機能 手ブレ補正、撮影用フラッシュ、複数レンズ
幅x高さx厚み 約75.3×157×8.27mm
販売時期 2019年夏モデル
バッテリー容量 3,000mAh
外部メモリ最大容量 512 GB
画面解像度 2270 x 1080
前面カメラ画素数 1,200万画素
センサー 加速度計、ジャイロスコープ、コンパス、近接センサー、環境照度センサー
重量 約172g
カラーバリエーション ディープインディゴ、ビバレッド
ネットワーク機能 テザリング対応、LTE対応
認証機能 指紋認証
SIMカード デュアルSIM、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからmoto g7 plusユーザーの口コミ

moto g7 plusのメリットに関する口コミ

moto g7 plusのデメリットに関する口コミ

【軽いスマホ】デザイン性と機能性を兼ね備えたarrows M03 16GB


arrows M03は、本体にアルミ素材を使っており、デザイン性の高さや高級感のある見た目であることが魅力です。背面はガラスにも見えるクリアタイプの樹脂を採用しており、手触りも良いでしょう。見た目や使用感にこだわりたい人におすすめです。カラーバリエーションのなかでもブラックは、マットな加工が施されているため男性におすすめできるカラーだといえます。
また、メインカメラは1310万画素の超広角レンズを、フロントカメラは500万画素の広角レンズ、センサーにはSONY製のセンサーであり、カメラの機能が非常に高いことが特徴です。広角レンズによって、従来のスマートフォンでは撮影できなかった広い風景写真や大人数の集合写真も撮影できます。デザイン性に優れ、非常に軽量で使い勝手が良いため、男女・年齢問わずおすすめできるスマートフォンです。

arrows M03のデバイススペック情報

arrows M03基本スペック
メーカー FUJITSU
製造会社 富士通株式会社
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ ROM 16GB RAM 2GB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 5.0インチ IPS
1,280×720ドット HD
背面カメラ画素数 約1,310万画素
撮影機能 フラッシュ、HDR 撮影、セルフタイマー
幅x高さx厚み 72×144×7.8mm
販売時期 2019年春モデル
バッテリー容量 2,580mAh
外部メモリ最大容量 512 GB
画面解像度 1280×720
前面カメラ画素数 約500万画素
センサー 加速度センサー/ジャイロセンサー/RGB・照度センサー/近接センサー
重量 約141g
カラーバリエーション シャンパンゴールド、ピンク、ブラック、ホワイト
ネットワーク機能 テザリング対応、LTE対応
認証機能 顔認証/指紋認証
SIMカード シングルSIM
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからarrows M03ユーザーの口コミ

arrows M03のメリットに関する口コミ

arrows M03のデメリットに関する口コミ

【小さいスマホ】操作しやすいサイズ感が魅力のASUS ZenFone Max Pro


デザインは非常にスタイリッシュであり、指紋認証やボタンの配置も使い勝手が良いうえに、男性でも女性でも握って操作しやすいサイズだといえます。幅が狭く、ポケットにも入れられる点がポイントです。
さらに、最初に発売されたZenfone MAXとは異なり200g以下の重さで、手が疲れにくく軽量だといえるでしょう。レスポンスも早く、ゲームアプリもスムーズな動作でストレスなく楽しめます。そのため、アプリのゲームやインターネット、SNSなどを楽しみたい人におすすめの端末です。

ASUS ZenFone Max Proのデバイススペック情報

ASUS ZenFone Max Pro基本スペック
メーカー ASUS
製造会社 ASUSTeK Computer Inc.
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ ROM 64GB RAM 4GB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 6.3 インチ
背面カメラ画素数 1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
500万画素カメラ内蔵(深度測定用)
撮影機能 手ブレ補正、4K撮影対応 、撮影用フラッシュ、複数レンズ
幅x高さx厚み 75.5×157.9×8.5 mm
販売時期 2019年春モデル
バッテリー容量 5000 mAh
外部メモリ最大容量 2048 GB
画面解像度 2280×1080
前面カメラ画素数 1,300万画素
センサー 加速度センサー/ジャイロスコープ/電子コンパス/光センサー/近接センサー
重量 175 g
カラーバリエーション ミッドナイトブルー、コズミックチタニウム
ネットワーク機能 テザリング対応 、NFC対応、LTE対応
認証機能
SIMカード デュアルSIM 、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからASUS ZenFone Max Proユーザーの口コミ

ASUS ZenFone Max Proのデメリットに関する口コミ

ASUS ZenFone Max Proのデメリットに関する口コミ

【小さいスマホ】ポケットサイズで高機能な大人気スマホGoogle Pixel 4


非常にシンプルなデザインで、男女問わず使いやすいといえます。カラーは個性的ですが派手ではないことが特徴です。背面とボタンのカラーバリエーションが選べるので、自分好みのものを見つけやすいでしょう。幅は非常に持ちやすいサイズ感で、片手でも操作しやすいことが魅力です。縦も小さめでポケットにも収まるうえに、比較的軽いので洋服の型崩れも起こしません。レスポンス前回発売された機種よりもスムーズに動き、キャッシュが自動的に消されることはなく、さらに画面も綺麗です。特に、設定をナチュラルにするとより綺麗に見えることが特徴です。アプリをスムーズに動かすことはもちろん、普段使いで画面の明るさや綺麗さ、解像度などを重視したい人におすすめです。

Google Pixel 4のデバイススペック情報

Google Pixel 4基本スペック
メーカー Google
製造会社 Foxconn Technology Group
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ ROM 64GB RAM 6GB
外部メモリタイプ
画面サイズ 5.7インチ
背面カメラ画素数 12MP(デュアルピクセル)
16MP(望遠レンズ)
撮影機能 スローモーション撮影、4K撮影対応 、撮影用フラッシュ、複数レンズ
幅x高さx厚み 68.8×147.1×8.2 mm
販売時期 2019年秋モデル
バッテリー容量 5000 mAh
外部メモリ最大容量 2048 GB
画面解像度 2280×1080
前面カメラ画素数 8MP 広角望遠カメラ
センサー 加速度計/ジャイロメーター/磁力計/周囲光センサー/近接センサー/気圧計/Active Edge/センサーハブ/接触センサー
重量 162 g
カラーバリエーション オレンジ、ホワイト、ブラック

ネットワーク機能 テザリング対応 、NFC対応、LTE対応
認証機能 顔認証
SIMカード
SIM情報 nano-SIM/eSIM

SNSからGoogle Pixel 4ユーザーの口コミ

Google Pixel 4のメリットに関する口コミ

Google Pixel 4のデメリットに関する口コミ


https://twitter.com/riina_yakiu/status/1192320954954739712

【高スペック】バッテリー長持ちでストレスなく使えるAQUOS sense3 lite


シンプルなデザインで、飽きずに使える機種です 。前機種と比べると横幅のサイズは同じですが、縦に少し長いサイズに変更されています。レスポンスも非常に良く、ストレスなく使用できるでしょう。
また、最大の特徴はバッテリーの持ちが良いことであり、長時間持続して使用したい場合や、バッテリーの消耗が大きなアプリを使用する人におすすめの機種です。

AQUOS sense3 liteのデバイススペック情報

AQUOS sense3 lite基本スペック
メーカー AQUOS
製造会社 ASUSTeK Computer Inc.
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ ROM 64GB RAM 6GB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 5.5インチ
背面カメラ画素数 約1200万画素
撮影機能 手ブレ補正
幅x高さx厚み 70x147x8.9mm
販売時期 2019年秋モデル
バッテリー容量 4000 mAh
外部メモリ最大容量 512 GB
画面解像度 2160×1080
前面カメラ画素数 約800万画素
センサー
重量 166 g
カラーバリエーション ブラック、シルバーホワイト、ライトカッパー
ネットワーク機能 NFC対応
認証機能 指紋/顔認証
SIMカード
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからAQUOS sense3 liteユーザーの口コミ

AQUOS sense3 liteのメリットに関する口コミ
https://twitter.com/YmZbModWtSKPL63/status/1195120819963215877

AQUOS sense3 liteのデメリットに関する口コミ
https://twitter.com/tweet4DragonN/status/1169856739530772481

【高スペック】大画面で映像やアプリを楽しめるiPhone 11 Pro


シックなカラーバリエーションであり、iPhoneらしいデザインが特徴です。画面は非常に大きいため手が小さな女性の場合は片手では操作しにくいですが、画面が見やすいので動画視聴やアプリを楽しみたい人におすすめです。写真はスピーディーに表示できるので操作性は良く、快適に使用できるでしょう。

iPhone 11 Proのデバイススペック情報

iPhone 11 Pro基本スペック
メーカー Apple
製造会社 Foxconn Technology Group
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ 64GB | 256GB | 512GB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 5.8インチ
背面カメラ画素数 1200万画素(広角、26mm、F1.8)+1200万画素(望遠、52mm、F2.0)+1200万画素(超広角、13mm、F2.4、120度)
撮影機能 手ブレ補正、4K撮影対応 、撮影用フラッシュ、複数レンズ、スローモーション撮影
幅x高さx厚み 71.4x144x8.1mm
販売時期 2019年秋モデル
バッテリー容量 4000 mAh
外部メモリ最大容量 512 GB
画面解像度 2436×1125
前面カメラ画素数 約1200万画素
センサー 加速度センサー/3軸ジャイロ/デジタルコンパス/環境光センサー/近接センサー/気圧計
重量 188 g
カラーバリエーション シルバー、ゴールド、ミッドナイトグリーン、スペースグレイ
ネットワーク機能 NFC対応、LTE対応
認証機能 顔認証
SIMカード デュアルSIM
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM/eSIM)

SNSからiPhone 11 Proユーザーの口コミ

iPhone 11 Proのメリットに関する口コミ

【高スペック】液晶画面のモード設定が特徴のiPhone 8


iPhone6と非常に似ているデザインであり、個性的ではないため飽きずに長期間飽きずに使用できるでしょう。レスポンスも早く、ディスプレイが綺麗なことが特徴です。ナイトシフトモードに設定できるので夜は柔らかい色味になり、就寝前にスマートフォンを閲覧しなければならない場合にも脳や目にストレスがかかりにくいといえます。バッテリーは朝~夕方まで使い続けることが可能なほど持ちが良いことが特徴で、外出する時間が長い人におすすめです。

iPhone 8のデバイススペック情報

iPhone 8基本スペック
メーカー Apple
製造会社 Foxconn Technology Group
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ 64GB | 256GB | 512GB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 4.7インチ
背面カメラ画素数 約1200万画素
撮影機能 手ブレ補正、4K撮影対応 、撮影用フラッシュ、スローモーション撮影
幅x高さx厚み 67.3×138.4×7.3mm
販売時期 2017年秋モデル
バッテリー容量 4000 mAh
外部メモリ最大容量 400GB
画面解像度 1334×750
前面カメラ画素数 約700万画素
センサー 加速度センサー/3軸ジャイロ/デジタルコンパス/環境光センサー/近接センサー/気圧計
重量 148 g
カラーバリエーション シルバー、ゴールド、ミッドナイトグリーン、スペースグレイ
ネットワーク機能 テザリング対応 、NFC対応、LTE対応
認証機能 指紋認証
SIMカード デュアルSIM
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからiPhone 8ユーザーの口コミ

iPhone 8のメリットに関する口コミ
https://twitter.com/shiller1960/status/1194213840575033349

iPhone 8のデメリットに関する口コミ


https://twitter.com/osucore/status/1194965629087862784

【低価格スマホ】コストパフォーマンスが良いOPPO A5 2020


比較的大きなサイズですが、縦に長いためポケットに入りやすく、扱いやすいでしょう。解像度が高いとはいえませんが、通常のアプリや SNSを楽しむぶんには問題はありません。色合いや光の角度などは自分好みに変えられるので、使いやすいことが魅力です。
カメラの画素数が高いタイプではありませんが、日常生活で写真をとる程度であればいいならない画素数であり、手ぶれ補正や動画4Kに対応しているため不便に感じることはないでしょう。ディスプレイやカメラ、サイズ感など全てにおいて一般的なスマートフォンですが、コストパフォーマンスを重視した人におすすめです。

OPPO A5 2020のデバイススペック情報

OPPO A5 2020基本スペック
メーカー OPPO
製造会社 オッポジャパン株式会社
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ 64GB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 6.5インチ
背面カメラ画素数 標準:約1200万画素
超広角:約800万画素
ポートレート:約200万画素
モノクロ:約200万画素
撮影機能 4K撮影対応 、撮影用フラッシュ、複数レンズ、スローモーション撮影
幅x高さx厚み 75.6×163.6×9.1mm
販売時期 2019年秋モデル
バッテリー容量 5000mAh
外部メモリ最大容量 256GB
画面解像度 1600×720
前面カメラ画素数 1600万画素
センサー 加速度センサー/ジャイロセンサー/磁気センサー/光センサー/近接センサー
重量 195g
カラーバリエーション グリーン、ブルー
ネットワーク機能 テザリング対応 、NFC対応、LTE対応
認証機能 指紋/顔認証
SIMカード デュアルSIM、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからOPPO A5 2020ユーザーの口コミ

OPPO A5 2020のメリットに関する口コミ

OPPO A5 2020のメリットに関する口コミ

【高スペック】操作しやすい縦長デザインHuawei P20 lite


Huawei P20 liteのディスプレイは縦長であり、大きな画面ですが、横幅が狭いので握りやすいことが魅力です。横幅が71mmと、これまでのシリーズのディスプレイよりも狭いため、片手で操作したい人におすすめです。
大画面でディスプレイが見やすいので、動画視聴や高画質のアプリを楽しみたい人にもおすすめできる機種だといえるでしょう。背面には指紋認証システムが搭載されており、テーブルの上に置いておいたまま指紋解除はできませんが、ポケットやカバンから取り出しながらロックを解除できる点が便利です。

Huawei P20 liteのデバイススペック情報

Huawei P20 lite基本スペック
メーカー HUAWEI
製造会社 Huawei Technologies
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ ROM 32GB RAM 4GB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 5.84 インチ
背面カメラ画素数 約1600万画素 + 約200万画素
撮影機能 撮影用フラッシュ、複数レンズ、スローモーション撮影
幅x高さx厚み 71.2×148.6×7.4 mm
販売時期 2018年夏モデル
バッテリー容量 3000 mAh
外部メモリ最大容量 256GB
画面解像度 2280×1080
前面カメラ画素数 1600万画素
センサー 加速度/ジャイロ/コンパス/環境光/近接
重量 145g
カラーバリエーション クラインブルー、サクラピンク、ミッドナイトブラック
ネットワーク機能 テザリング対応 、NFC対応、LTE対応
認証機能 指紋/顔認証
SIMカード デュアルSIM
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからHuawei P20 liteユーザーの口コミ

Huawei P20 liteのメリットに関する口コミ
https://twitter.com/nuiyuichan/status/1188402606105751558
https://twitter.com/hisaki_ika/status/1176983064737538048

Huawei P20 liteのデメリットに関する口コミ

【軽いスマホ】軽量で操作しやすく握りやすいデザインZenFone Max Pro (M2)


非常にスタイリッシュなデザインであり、指紋認証の場所やボタンの位置も使いやすいうえに握りやすいサイズ感であり、片手で操作したい人におすすめです。前機種と比較すると軽量であるため、ポケットにも入れやすいでしょう。ゲームの動作もスムーズで、アプリのゲームをストレスなく楽しみたい人におすすめの機種です。
カメラの画素数も一般的であり、撮影機能は豊富なため綺麗な写真を撮影したい人にも最適だといえます。

ZenFone Max Pro(M2)のデバイススペック情報

ZenFone Max Pro(M2)基本スペック
メーカー ASUS
製造会社 ASUSTeK Computer Inc.
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ ROM 64GB RAM 4GB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 6.3インチ
背面カメラ画素数 1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
500万画素カメラ内蔵(深度測定用)
撮影機能 手ブレ補正、4K撮影対応 、撮影用フラッシュ、複数レンズ
幅x高さx厚み 75.5×157.9×8.5 mm
販売時期 2019年春モデル
バッテリー容量 5000 mAh
外部メモリ最大容量 2048 GB
画面解像度 2280×1080
前面カメラ画素数 1,300万画素
センサー 加速度センサー/ジャイロスコープ/電子コンパス/光センサー/近接センサー
重量 175g
カラーバリエーション ミッドナイトブルー、コズミックチタニウム
ネットワーク機能 テザリング対応 、NFC対応、LTE対応
認証機能 指紋/顔認証
SIMカード デュアルSIM 、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからZenFone Max Pro(M2)ユーザーの口コミ

ZenFone Max Pro(M2)のメリットに関する口コミ

ZenFone Max Pro(M2)のデメリットに関する口コミ

【高スペック】スムーズに操作したい人におすすめのiPhone XR


デザインには賛否がありますが、特別個性的なデザインではないので特に問題にはならないといえます。比較的重いですが、大きめのディスプレイであり、画面が見やすいことが特徴です。レスポンスも早くストレスなく使用できるでしょう。FACE IDの感度が良く、ヘルメットをかぶった状態でも認識できるほどです。操作感の良さやスピーディーな動作を重要視したい人におすすめです。

iPhone XRのデバイススペック情報

iPhone XR基本スペック
メーカー Apple
製造会社 Foxconn Technology Group
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ 64GB | 128GB | 256GB
外部メモリタイプ
画面サイズ 6.1インチ
背面カメラ画素数 1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
700万画素カメラ内蔵(深度測定用)
撮影機能 手ブレ補正、4K撮影対応 、撮影用フラッシュ、スローモーション撮影
幅x高さx厚み 150.9 x 75.7 x 8.3 mm
販売時期 2018年秋モデル
バッテリー容量 2942 mAh
外部メモリ最大容量
画面解像度 1792×828
前面カメラ画素数 1,300万画素
センサー 加速度センサー/3軸ジャイロ/デジタルコンパス/環境光センサー/近接センサー/気圧計
重量 194g
カラーバリエーション ホワイト、レッド、ブラック、コーラル、イエロー、ブルー
ネットワーク機能 テザリング対応 、NFC対応、LTE対応
認証機能 顔認証
SIMカード デュアルSIM 、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM/eSIM)

SNSからiPhone XRユーザーの口コミ

iPhone XRのメリットに関する口コミ


https://twitter.com/klimlight/status/1196035123474337792

iPhone XRのデメリットに関する口コミ


https://twitter.com/aoix_usj/status/1196015541820854278

【高スペック】大きな画面で見やすく操作しやすいHUAWEI nova lite 3


胸ポケットに入る程度のサイズ感であり、重さも平均的でスマートフォンと同じであるため、操作はしやすいでしょう。ただし、少々大きなサイズであるため、人によっては片手で操作するのが難しい場合もあります。ただし、手で持ちやすいデザインに工夫されているため、使用感そのものが良いでしょう。
一般的なアプリのゲーム程度であればレスポンスも早く、ストレスなく使用楽しめます。大画面が特徴の機種であるため、大きな画面でゲームや動画を楽しんだり仕事のファイルを閲覧したりしたい人におすすめです。

HUAWEI nova lite 3のデバイススペック情報

HUAWEI nova lite 3基本スペック
メーカー HUAWEI
製造会社 Huawei Technologies
キャリア SIMフリー
内蔵メモリ ROM 32GB RAM 3GB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
画面サイズ 6.21インチ
背面カメラ画素数 約1300万画素
200万画素
撮影機能 撮影用フラッシュ、複数レンズ
幅x高さx厚み 73.4×155.2×7.95 mm
販売時期 2018年冬モデル
バッテリー容量 3400 mAh
外部メモリ最大容量 512 GB
画面解像度 2340×1080
前面カメラ画素数 1600万画素
センサー 加速度/コンパス/環境光/近接
重量 160g
カラーバリエーション ミッドナイトブラック、オーロラブルー、コーラルレッド
ネットワーク機能 テザリング対応、LTE対応
認証機能 指紋/顔認証
SIMカード デュアルSIM 、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)
SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)

SNSからHUAWEI nova lite 3ユーザーの口コミ

HUAWEI nova lite 3のメリットに関する口コミ
https://twitter.com/sikl19/status/1177408807237910528

HUAWEI nova lite 3のデメリットに関する口コミ



ここまで日本で人気のあるSIMフリースマホのランキングを紹介しました。そしてスマホを選ぶ時メーカー名で選びたい方のために上記のランキングをメーカー別で一目で見れるようにしましたので、次をご覧ください。

国内で注目されているスマホメーカー別デバイス一覧

全体的にSIMフリースマホとして一番人気が多いのは、HUAWEIのスマホですね。その次が誰もが知っているアップル社のiphoneそして3位がGoogleのPixelです。
実際国内SIMフリースマホメーカーもいくつかありますが、やはり海外メーカーの方がほとんどを占めているのが確認できます。そしてこれらの販売価格については、夫々代理店によって違うため記載されてない部分をご了承ください。

メーカー別人気デバイス一覧
メーカー デバイス名
HUAWEI HUAWEI P30 lite
HUAWEI P20 lite
HUAWEI nova lite 3
Apple iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 8
iPhone XR
Google Google Pixel 3a
Google Pixel 4
OPPO OPPO Reno A
OPPO A5 2020
SONY Xperia 8
AQUOS AQUOS sense2
AQUOS sense3 lite
ZenFone ZenFone 6
ZenFone Max Pro
ZenFone Max Pro (M2)
Galaxy Galaxy A30
moto moto g7 plus
FUJITSU arrows M03

SIMフリースマホが決まったら次は、格安SIM契約が必要


大手キャリアの縛られなく安く携帯を使いたい方が探すSIMフリースマホを選んだら次は、電話またはインターネットをスマホで使えるようにするためにSIMを契約しなければならないです。
格安SIMもまた種類も多く使う人によってメリット・デメリットが異なるので、しっかり比較をして自分に合った格安SIMを選ぶことをお勧めします。

格安SIMとは?

顧客に低価格の通信サービスを提供するために作られたのが格安SIM(mvno)です。SIMフリースマホにSIMカードを挿入することで使えるようになるもので、携帯の使用目的によって自分が欲しいサービスを選ぶことができるのが特徴です。
格安SIMの種類としては、インターネットや通話アプリだけできるようにするデータSIM、インターネットと通話もできるSIM等があります。その中にはSMS認証できるようにするものやSNS利用にデータ放題を付けるなど各プロバイダーによって提供するサービスが少しずつ異なります。

格安SIM
プロバイダー情報

AntenaMAXでは引き続き最新IT情報を皆さんが分かりやすいようにお届けしたいと思います。必ず実用性のあり、信頼性の高い情報だけ配信することを約束しながら、ここで終わりにします。