始めは、一般消費者向けにすることは難しい、おそらく3Dテレビのようにいつの間にか人の記憶から消えていくだろうと批判を浴び続けたVRヘッドセット。しかし興味深く現実は予想を遥かに超えていました。
現在VRヘッドセットは一般消費者向けに進化を続けていて、実際様々なイベント会場でもプロモーションが続いています。
しかし、技術的な部分ではなくVRヘッドセットハードウェア(本体)の高い値段や不足しているコンテンツは今でも課題として残されているのが事実です。
ここからは多くの人が気になるVRヘッドセットの現状について詳しく解説していきます。

1.5世代、2世代PC VRのヘッドセット登場

毎年1月、全米民生技術協会 (CTA) が主催し、ネバダ州ラスベガスで開催されるCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)では昔からモバイルよりPC基盤高品質VRヘッドセット関連ハードウェアが注目されました。
その理由は、今までCESで登場したオキュラス・リフト(オキュラスVR社が開発した頭に装着する仮想現実ディスプレイ)とHTCのVIVEを含むRazerのOSVR、ANTのVRのような中国のVRヘッドセットはモバイルより高性能PCに適用される製品が多かったからです。
しかしPC基盤の1世代VRヘッドセットが登場して2年目である今年のCES 2018では1.5世代、または2世代と呼ばれそうな製品が公開されました。
1世代のVRヘッドセットの大きな課題はディスプレイの解像度です。
高品質PC用ヘッドセットはOLEDディスプレイを採用し、震えによる問題は大きくない反面、比較的低い解像度はグラフィックへの集中力を落としている指摘を受けていました。そのため、2世代製品では解像度の改善を期待している人も少なくなかったですが、今回CES 2018でのフォーカスがまさにディスプレイの解像度に当てられた用です。

HTCの次世代品VIVE PRO


HTC社が発表したVIVE PROの大きい特徴は、ディスプレイ改善です。
今まで2,160×1,200解像度のOLEDディスプレイを使用していたが、今回発表されたPROでは2,880×1,600まで解像度を引き上げることでピクセルが見えていた視覚的問題を緩和することができました。なお、全面に二つのカメラを搭載し、外部イメージをすぐヘッドセット中のディスプレイに表示させるようにしましたが、この部分を上手く活用すれば現実上仮想世界を結合したコンテンツを経験することができます。さらに音の空間をマッピングできる3Dヘッドホンをヘッドセットに搭載し、仮想現実の音を立体的に聞けるようオーディオ改善までされました。
ただしCESではVIVE PROをVRの完全体だと認識していなかったですが、その理由は新しいトラッキングセンサーが今回発表されなかったからです。
新しいトラッキングセンサーとはスチームVRトラッキング2.0といって4つのセンサー記事局を立てる場合横と縦、最大10mまでヘッドセットを追跡することができ、超大型仮想空間をシミュレーションできるし無線化された多数のVIVE PROと同期化すれば同時に多数の人が一つの空間で会うことができます。
そしてHTCはこの製品を今年中に発表する予定だそうです。

2世代として注目されるPimax


VIVE PROを追いかけるようなライバル製品がPimax(パイマックス)です。
Pimaxは中国のヘッドセットスタートアップとしてクラウドファンディングサイトで423万ドルを集める事ができて話題になりました。
すでに5K VRヘッドセットを公開した事のあるPimaxが注目される理由は8K VRを準備していたからです。
Pimaxは今回CESで実際作動する5番目のプロトタイプを展示しました。
Pimaxの8K VRは各面ごとに3,840×2,160解像度を持つパネルを2つ搭載しています。ほかのVRヘッドセットより面積が広いディスプレイを採用していて相対的に広い200度視野角レンズを使っていますが、人の目が最大で見ることができる視野角が220度なので、この製品はほとんど人の目と同じように見ることができるのが大きい特徴です。
確実にディスプレイ解像度の問題を解決しているPimaxですが、空間追跡に使用されているスチームVRトラッキングセンサーを使用したとき、その安定性が確証されてない不安定な部分はまだ課題として残っています。
そして製品の販売は2018年後半予定だそうです。

ここからはディスプレイ以外のVRの課題として注目されている部分について説明します。

PCのVRヘッドセット無線オプション


VRの1世代から指摘されているもう一つの問題点はPCと繋ぐケーブルです。
VRヘッドセットの電源と動作センサーの値を送信しグラフィックカードのディスプレイ信号を受信するためには1つまたは2つのケーブルをPCと繋ぐ必要がありますが、広い空間を動く際にこのケーブルは非常に邪魔になります。
これは次世代VRの進化のために必ず解決すべき課題でしたが今回CESでは、まさにこの問題を解決してくれたのがHTC社のVIVE PROでした。
今回HTC社がVIVE PRO専用に公開した無線アダプターは、インテルのWiGigを活用し、PCの映像信号を60GHzで受信し、ヘッドセットのセンサー信号を送信します。さらに大きさも小さいので、VRヘッドセットを着用しても自由に動くことが可能です。
この技術が開発されたというのは直接VRヘッドセットに内蔵する事もできますが、そうすると必然的にハードウェアの値段が高くなってしまうので、利用者の希望によって購入できるようにオプションとして販売しているのではないかと予想されます。

値段は低く!進化は高く!独立型VRヘッドセット

PCのVRヘッドセットが値段により無線化が難しいというならモバイルVRヘッドセットはどうでしょう。
今までスマホの一部機能として活用されていたモバイルVRはスマホの代わりにモジュールとバッテリーなど電源を内蔵した独立式モジュールへの進化を準備していましたが、今回CESで二つの独立式モバイルVRが注目されました。

オキュラス GOとシャオミー Mi


オキュラスは去年、開発者イベントであるオキュラスコネクター4.0で「オキュラス GO」という独立式VRヘッドセットを公開しました。
オキュラスGOはギャラクシースマホに搭載されているオキュラスVRプラットフォームを実行できるように作られた物で199ドルという安値を武器に販売された商品です。しかしプラットフォームの独立式製品がCESでもう一つ発表されました。
それがシャオミーVerオキュラスGOのシャオミー Miです。
現在シャオミーでオキュラスGOが生産されているので仕様は同じですが、シャオミー Miは中国に進出しないオキュラスGOを代わりに中国で販売される商品だという部分だけ違いがあります。

Lenovo Mirage Solo


レノボのMirage Soloはワールドセンス技術を搭載した初製品としてインサイドアウト位置追跡を通して6自由度を具現化しています。
ワールドセンスはVRヘッドセットのカメラとセンサーで利用者が立っている空間周辺を分析し、空間情報を作るSLAM基板位置追跡技術なので外部追跡センサーなしで一定空間内で自由に動くことが可能です。
オキュラスGOのように処理装置とバッテリーを内蔵した独立式製品であるが、さらに進化したモバイルVRヘッドセットになります。

問題を解決したVRヘッドセットにより至急に追求されるコンテンツ

CES 2018で登場したVRヘッドセットは話題の中心になり世間を騒がすぐらいインパクトの強い製品は数多くなかったです。
しかしPCとモバイル、そして特殊市場を狙った技術的多様性を持つVRヘッドセットと周辺機器が増えたおかげで利用者の選択肢の幅が広くなりました。
1世代の問題を解決し、安定的な方向へ向かって進化をする進めているVRヘッドセットですが、実際VRを使って楽しめるコンテンツが少ないのがもう一つの課題として残されています。
実際VRイベント会場に尋ねてみても体験できるコンテンツが少ないというのは運営側からも同意見だそうです。
これからVR業界がもっと発展し、人間にどんな新たなライフスタイルをもたらすか楽しみです。